DPF洗浄サービス

DPF洗浄サービス

本当に怖いDPFの詰まり

PM の大幅低減に効果のあるDPF は、セラミックの微細な穴(セル)で、個体の微粒子を補足し、気体は通過させるものです。
PM は、未燃の炭素(煤)と燃料・オイル中の金属原子の燃えカス(灰=金属)です。
煤は燃焼によって取り除けますが、灰は個体のままで堆積し続け排ガス通路を閉塞させます。
排気ガスが排出されないと新しい空気が入ってこないのでエンジンは燃焼できず止まってしまいます。
トラックやバスなどが高速道路走行中にエンジンが止まる。また、建設機械で稼働中にエンジンが止まるということは、人身事故につながる危険な事象であるため避けなければなりません。

●あなたはこうしたトラブルを未然に防ぎたいと思いませんか?
●そのためには、DPF を定期的に洗浄しましょう。
それも低価格で!</font”>

それが私たちからの提案です

それが私たちからの提案です

DP マフラークリーニングの作業工程

可能であれば、DP マフラーを取り外す前にコンピュータ診断をしておくことをお勧めします。
洗浄前と洗浄後での圧損を診断することで回復の度合いが分かります。
ディーラーでの診断がお勧めです。

貴社で取り外し、またはお取引ディーラー、民間整備工場にご依頼ください。

日付、時間をご指定いただき、弊社スタッフがマフラーを取りにお伺いし、洗浄作業を行います。
DP マフラーの汚れ具合、車両の排気量、DP マフラーの大きさなどにより、洗浄作業時間は異なります。
※汚れがひどい場合、24 時間お預かりする場合もございます。

※貴社で取り付け又はお取引ディーラー、民間整備工場にご依頼ください。
※取り付け作業終了後、エンジンをまわし、診断(必要であれば)を行ってください。

•走行距離がかさんだ車齢の高いDP マフラーや、強制再生・自動再生のアラームが頻発するDP マフラーでは、DP クリーンシステムでの洗浄により延命効果が期待できます。
※DP クリーンシステムによって、DP マフラー内のPM 物質や不燃微量成分(アッシュ)を洗浄除去しますが、燃費の改善、エンジン性能の改善を補償するものではありません。
※DP クリーンシステムによるクリーニングは、DP マフラーを新車納車時の状態に回復するものではありません。
※DP マフラーを車両に装着する際、センサー類は新品に交換することをお勧めします。
・ススやアッシュなどで閉塞を起こしているDP マフラーは、当該洗浄により性能を回復することができます。 しかし、外見では判断しづらい内部に破損を起こしているものは回復しないものもあります(写真参照)ので ご了承ください。その場合、コンピューター診断等の結果を踏まえ、作業料金の請求はいたしません。

お問い合わせ

Top